会員寄稿

医師会所属医師による会員寄稿を更新していきます。

新規就任役員からの寄稿

2019/08/30「最近思うこと」

廣岡脳神経外科 廣岡 勇之進
廣岡脳神経外科の廣岡と申します。
私の父が開業したクリニックに私が戻ってきて早いもので十数年が経過いたしました。
…続きを読む。

2019/08/26「好きなこと」

ましまクリニック 赤岡 史子
趣味(広辞苑):『専門としてでなく、楽しみとしてする事柄。』となっているが、もっと没頭して、寝食を忘れてする好きな事が趣味じゃないかなあと思う。
私にとっては修行とも同義語と思っています。
…続きを読む。

2017/09/01「みなさん、こんにちは。」

板倉レディースクリニック 板倉 憲二
このたび監事に就任しました板倉です。
私は稲里町に産婦人科診療所を開設して17年目になります。2年前に念願の常勤医師を当院に迎えることができ、時間的にも心理的にも少しゆとりができました。
…続きを読む。

2017/09/01「理事就任のご挨拶」

米田整形外科クリニック 米田 和彦
この度医師会理事に就任させていただきました。
更級医師会に入会して20年たちますが、今までは医師会の活動にあまり関心がなく、理事になってみてその活動が非常に多岐にわたっていることを知りました。
…続きを読む。

2017/09/01「更級医師会への思い;ご挨拶に代えて」

鈴木医院 鈴木 貞博
この度、更級医師会の理事として役員のお仲間に入れていただきました。
歴史ある更級医師会ですが、もしかしたら「更級」という地名は若い方々には、なじみが薄いのではないかと思います。しかし、私にとっては「更級」は大変思い入れの深い地名です。
…続きを読む。

2017/09/01「地の利、人の輪、さらしなネット」

ゆうき内科クリニック 結城 昌慶
この度、私は更級医師会理事に就任させて頂きました。
私は、平成8年4月から篠ノ井総合病院に勤務し、平成16年10月、篠ノ井布施高田で開業致しました。篠ノ井地区で勤務医として8年、開業医として12年となりました。勤務医、開業医、それぞれの立場から川中島・篠ノ井地区での地域医療を経験致しました。地の利、人の輪が、この地域の良好な病診連携の鍵になっていると思います。
…続きを読む。

その他医師会員の先生

2020/02/05「雌のカブトムシ」

脳とからだのくらしまクリニック 倉島 昭彦
久しぶりにきっぱりとした夏の日。
長い梅雨がようやく明けて初めての土日、クリニックは二連休だ。
普段は屋内ばかりに居るので、夏の日射しは眩しすぎるくらいに明るい。
頭上から容赦なく照りつける盛夏の太陽は、木々の葉の一つ一つまでくっきりとしたシルエットを地面に投影して、夏模様を描画していく。
…続きを読む。

2018/03/01「小豆のみぞれアイス」

脳とからだのくらしまクリニック 倉島 昭彦
生家で使っていた古い洋服ダンスを整理していたら、菓子の空き箱から父の古い写真が出てきた。
手札サイズのモノクロで、黄色いシミが数カ所に付いている。スキーを担いだ男性5人が雪景色をバックに楽しそうに笑っている。向かって一番右端が父だ。おそらく30歳代。父は晩婚だったのでひょっとすると独身の頃の父なのかもしれない。
…続きを読む。